トップ   >   製品案内   >   高圧熱伝導率測定装置

高圧熱伝導率測定装置

H2PTTS-1050V

特徴

超高圧・高温(常圧〜100MPaで室温〜500℃)の条件下で気体の熱伝導率を測定する装置です
  • 非定常細線法の白金プローブを用いて水素気体の熱伝導率を測定可能。
  • 測定対象気体は水素,ヘリウム,窒素,アルゴン,空気など。
  • 気体の熱伝導率は、圧力:常圧〜100MPa・温度:室温〜500℃の条件で測定可能。

製品仕様

設計圧力100MPa
設計温度500℃
容器内法寸法30mm(内径)×50mm(深さ)
装置構成ボンベユニット,圧縮機ユニット,バルブユニット,試験容器,制御システム

製品改良のため、予告無しに仕様・構造などの変更を行うことがあります